避妊リングとマーベロン21やアフターピルについて

避妊を行ったにもかかわらず途中でコンドームが外れたり破けたりして膣内に精子が入ってしまった可能性が高い場合や、相手側が同意を得ずに避妊をしなかった場合など、妊娠したかどうか不安な日々を送るのは女性です。

もし妊娠してしまった場合に、それが望まない妊娠なら血人工中絶をするしかないと言えますが中絶は女性の体に負担をかけてそのことが原因で不妊になってしまい、将来子供が持てなくなると言った可能性もなくはありません。

そのため、セックスをする際には確実に避妊を事を断前提とした方が良いと言えます。

最も避妊率が高いとされている穂方法は避妊リングですが、妊娠の経験がない場合には装着できなかったりほかの理由においても使用することが不可能な場合があります。

その場合にはアフターピルを使用することで妊娠を回避するしかないと言えるでしょう。

アフターピルとは、避妊に失敗してから72時間以内に服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬です。
ただ、これも医療機関で処方してもらったりネット通販などで購入しないと手に入らないために緊急に用意するのは難しいことがあります。

その場合には、マーベロン21を利用して緊急避妊をすることも可能だとされています。

マーベロン21は、そもそも低用量ピルで生理期間を除いた21日間毎日服用することで避妊効果を得る避妊薬ですが、実は第三世代のピルなので緊急避妊の役割も果たすとされているのです。

通常は、毎日1錠ずつ服用するのですが、セックスのあと72時間以内に3錠、そしてそれから12時間後にまた3錠服用することでアフターピルと同じように妊娠を回避できるとされています。

避妊リングが装着できない、あるいは今必要なのに病院へ行けない場合などで妊娠を回避する必要がある場合にはマーベロン21を利用して緊急避妊をすることをおすすめします。