アフターピルと乳癌と量について

アフターピルは正しく服用することでかなり高い確率で妊娠を予防できる薬となっています。しかし、たくさん飲めば効果が上がるというわけではありませんし、きちんと一度の摂取量を守るようにしましょう。また、全ての女性がこの薬を飲めるというわけではないので注意が必要です。女性ホルモンと関わりの深い癌の疑いがある人はアフターピルを飲むことができません。具体的には乳癌や子宮癌などが挙げられるのですが、子宮筋腫も女性ホルモンが関わっているので注意しましょう。女性特有の病気を持っている人はアフターピルを飲むことができないため、事前に検査を受けるのがおすすめです。また、病気というのはいつの間にか起きてしまうこともあるため、現在健康な人でも定期的に健康診断を受けると良いでしょう。また、ピルの成分である女性ホルモンには血液を固まりやすくするという作用もあります。そのため血栓性がある人が飲んでしまうと症状を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。また手術や出産後の人も血が固まりやすくなるので飲むことができません。その他重症の肝障害や肝腫瘍のある人、高血圧の人などもアフターピルを飲むことができないため、他の方法で避妊を行う必要があります。また、タバコも血栓症のリスクを高めるため、アフターピルを飲むことができなくなってしまうことがあります。この場合は禁煙することで飲めるようになりますし、健康のことを考えて禁煙してみると良いかもしれません。さらに、妊娠していたり、妊娠している可能性のある人もアフターピルは飲めませんし、授乳中も飲むことはできません。アフターピルの飲み方についてはしっかり調べておくと良いでしょう。