アフターピルをお守り代わりに常備

危険日にセックスをして、コンドームがやぶれたとか、ぬけおちたとか、危険日の計算を間違えていたとか、望まない妊娠をしたと思える場合は、アフターピルを利用することで、妊娠を避ける事ができるようになりました。
アフターピルには、避妊に失敗をした時すぐに飲み、さらに12時間後に飲むヤッペ法と2011年日本でも発売が許可されたレボノルゲストレルと言う2種類があります。
どちらも72時間以内に服用することで、妊娠を防ぐ効果があります。
さらに、セックス後、できるだけ早い時間に服用する事が効果があり、24時間以内だと約95%避妊をする事が出来ます。
ヤッペ法は、副作用の吐き気が強く、12時間後に飲もう一度飲むことを忘れる場合があるので、最近はレボノルゲストレルがよく使われるようになりました。
日本の法律では、避妊を失敗をした後でのみ処方をしてくれますので、どうしても服用時間が遅くなる傾向があります。
さらに、保険がききませんので、ヤッペ法で1万円くらい、レボノルゲストレルで1万5千円から2万円くらいかかります。
アフターピルは、避妊に失敗をしたと分かった時にすぐに飲む薬です。そうする事により最大限の効果を発揮してくれます。
そのためには、お守り代わりにアフターピルを常備しておく事は賢い方法の一つです。
街のドラッグストアや薬局ではアフターピルは手に入れることはできませんがインターネットを利用して、医薬品個人輸入をすることで、手に入れることができます。
現在国際特許条約に未加入のインドでジェネリックのアフターピルが生産されており、それを個人輸入する事が出来ます。
金額も1錠2000円前後で安価に手に入れることができます。

アフターピル服用後の出血について

アフターピルは、妊娠を緊急に避けたい場合に用いる避妊薬です。
例えば日常でピルを使用している人が飲み忘れてしまったとき、性交して妊娠の可能性があり避けたいとき、犯罪などに巻き込まれてしまった場合には医師に相談してアフターピルを処方して貰います。
アフターピルを72時間以内に飲むことで高い確率で妊娠を避けることができます。
アフターピルを飲むと3日~3週間以内に出血があります。
この出血は3~5日ほど続きますが、次第に減っていきます。
これはアフターピルを飲んだことによって起こる症状の1つで消退出血と言われています。
この消退出血が避妊できたかどうかの目安になります。
精子が子宮に到達して受精しないと子宮内膜がはがれて出血し生理になります。
消退出血はアフターピルが人工的に起こした生理と考えて良いでしょう。
3日~3週間以内に出血がない場合もありますし、個人差があります。
また、人によっては2度生理が来たような感覚におちいることもあります。
しかし、3日以内に出血があったり、3週間以上経っても出血がない場合は医師に相談する必要があります。
特に3週間以上経っても出血がなかったり、次の生理が終わったのにまた、少量の出血があるという場合は注意してください。
もしかすると消退出血ではなく妊娠の初期症状の出血の可能性もあります。
不安な場合は医師に相談して検査などを受けるようにしましょう。
近年では72時間以上経っていても効果があるアフターピルや1錠飲むだけで避妊効果があるものが開発されています。
ですが、高い避妊効果を期待する場合は、早急にクリニックを受診するようにして下さい。
時々吐き気などを感じる方がいますが、時間の経過とともになくなっていきますので心配は不要です。

アフターピルの避妊回避の確立

セックス後、コンドームが破れていたり、抜け落ちたり、安全日の計算を間違えていたりした場合、妊娠を避けるために飲むのが、アフターピルです。
アフターピルには、まず2錠飲み、その後12時間後に2錠飲むヤッペ法と、1回だけ服用すればすむ、レボノルゲストレルの2種類があります。
ヤッペ法の場合は、飲んだ後、吐き気がひどくなり、吐いてしまうと、もう一度飲みなおさなければなりませんが、レボノルゲストレルの場合は、そのような副作用もありません。
アフターピルは、排卵を遅らせたり、受精卵が子宮に着床するのを防いだり、精子が子宮頸管にはいるのを防ぐ作用があり、これらの作用により、避妊ができるのです。
望まない妊娠をさけるために、アフターピルを服用する場合、一番大切な事は、セックス後72時間以内にアフターピルを飲むことです。それも、できるだけ早い時間に飲むと避妊確率は上がります。
24時間以内で95%、72時間以内で75%~81%避妊ができると報告されています。
レボノルゲストレルの場合は、120時間以内なら、まだ半分くらい効果があるとの報告もあります。
日本では、2011年にレボノルゲストレルが婦人科で処方してもらえるようになりましたが、それ以前はヤッペ法のみでした。
避妊に失敗した後でないと、婦人科で処方はしてもらえませんので、できるだけ早く飲もうと思えば、医薬品個人輸入をして、お守り代わりに、レボノルゲストレルを持っていると言うのも賢い選択肢の一つです。緊急避妊薬としてアフターピルは携帯しておくと安全です。
インドは、医薬品の製造工程に特許がありませんので、発展途上国で、エイズが流行するとインド製のジェネリック医薬品を安価に国境無き医師団が使って治療をしています。レボノルゲストレルもインドの製薬会社で製造されています。